『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。
アニメ、マンガ、ラノベなど趣味について吼えてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども、ねこぼうです。

最近少し(悪い方向に)動きを見せてきた児ポ法についてでも書こうかなと思っていたのですが
かーずSPさんアキバBlogさんのところで西尾維新先生のインタビューが載っていたので
予定を変更してこれについて書きます。
西尾先生の大ファンを自称する身としてはこれをスルーすることなんてできませんw

前後編で前半はアニメについて、後半は原作について、と言う感じでしょうか。
後半はもっと詳しく言うと西尾先生のキャラクター解説と小説の書き方です。
基本前半の内容中心で感想?を書いていきます。

化物語は「メディアミックスが不可能な小説」というコンセプトで書かれたらしいです。
確かに漢字の違いなんかを使った言葉遊びを多用されてますし、これをアニメ化するのは
難しいんじゃないかなぁ、とアニメ化を知った時思ったのですが、どうやら西尾先生の思惑通り
だった様子。

「ひたぎクラブ」のホッチキスのシーンもきちんと表現されているらしいです。痛そうだw
痛いと言えば、西尾先生もおっしゃられてますが八九寺との絡みや神原のエロトークなんかもw
「一ヶ月後には、倫理的な問題で別番組を再放送しているかもしれませんね(笑)」とは西尾先生の弁w

西尾先生のお気に入りキャラクターは忍野さんらしいです。トーク性では八九寺とも。
僕もかーずさんがおっしゃっていたように八九寺が好きなんだろうなと思っていたので少しびっくり。
暦との会話が面白いから~と言うのも理解できなくはないんですけどね。
ちなみに僕は、どのキャラも好きなんで甲乙つけがたいのですが八九寺、千石、忍がトップ3。
あれ?ちっちゃい子ばっかうわなにをするやめ(ry

あとインタビューまで西尾節全開でとっても楽しく読めましたw

ではでは~( ´Д`)ノ~
スポンサーサイト
ども、ねこぼうです。

昨日携帯を買い換えました。
キャリアはdocomoで機種はSH-04Aです。
iモードもできるPROシリーズと言うのとQWERTYキーに惹かれて決めました。
夏モデルも出てるのですがQWERTYキーもついてないし折りたたみのサイクリッドだしで
普通の携帯みたいな感じだったので見送りました。

QWERTYキーはいい感じです。
メールとか打つのかなり早くなりましたねwPCと同じ感じで打てるので快適。
キーの大きさも小さすぎずいい感じです。
タッチパネルは少し感度が悪いかな?保護シールありの感想なのでアテになりませんが。

AQUOSケータイと言うことでディスプレイもきれいです。
でも比較対象がF903iXだとそう感じるのも当然なのかなw

タッチパネルでの操作は少し戸惑いますがこれも慣れでしょうね。
と、言うわけで唐突に携帯レビューでしたw

ではでは~( ´Д`)ノ~
ども、ねこぼうです。

蒼山サグ先生の「ロウきゅーぶ!」2巻のレビューです。

ネタばれは無しの方向で。

智花がフリースロー連続50本成功(!)させて昴がコーチに再任。
男子バスケ部5人を擁する6-Dとの球技大会での試合に向け奮闘するというお話。
球技大会が、というより男バスのエース竹中と真帆が物語の中心。
古い付き合いの竹中と真帆(あと紗季と)。昔っからなんでもすごいスピードで上達していって
すぐに飽きるような性格だった真帆。
そんな真帆がバスケをしているのが、自分の好きなものをいつか放り出されるんじゃないかと
不安で真帆を認められない竹中。
球技大会での勝利のために仲たがいしている二人を仲直りさせるため合宿を行う…

1巻の方が面白かったような気がします。やっぱりバスケ描写が1巻の方が濃いからかな?
合宿とは言いつつ、上に書いたように仲直り大作戦のため、それにミホ姉から「球技大会に向けて
合宿とかしたら、不平等だろ」とのお達しもあり、あまりバスケしませんし。
…僕は球技大会に向けて引退したにもかかわらず昼練とかしたのですが。
いや、同じクラスに我らがキャプテンがいまして「ねこぼう、明日から昼練するから。バッシュとか
持ってこいよ」と。おいおい…とか思いましたが律儀に行きました。後輩にびっくりされました。
一応優勝はしたんですけどね。トライアングル&2したり(うちのクラスには経験者二人)
1-3-1したり結構ガチに行きました。
まぁそれはさておき。
竹中は大好きなんで面白くなかったわけじゃないです。ラノベ的な観点から行くとキャラの
掛け合いが多くなった分面白くなったと言えるかもしれません。そこは期待所の違いでしょうか。
相変わらず智花が可愛すぎますwおんぶされたいがために狸寝入りとかw
あと紗季さんが腹黒すぎます。智花が無知なのをいいことに『抱いてください』とか言わせようと
するなwいや、もっとやってくださいw
あと今回冒頭に新キャラ登場。荻山葵。幼馴染の女の子です。
まぁ顔見せ程度で今回はほとんど、いやまったく物語には絡んできませんが。

てぃんくるさんのイラストはやはり素晴らしいです。
智花とのキスシーン(?)のイラストがいいですね。
でも一つだけ言いたいことが。
竹中のそれは絶対ツンツン頭じゃないと思うよ。完璧にロングだし。
それ以外は相変わらず高クオリティなんですけどねぇ~。

3巻の展開はまだ分かりません。
が、きっと葵が絡んでくるんだろうなと予想。
葵もアシスタントコーチに就任して智花ちゃんピンチ!的な展開だといいなぁ。

ではでは~( ´Д`)ノ~バイバイ
ども、ねこぼうです。

今日はバトルスピリッツの大会に参加後、梅田とらのあなの流れ。
やっとロウきゅーぶ!2巻と偽物語(下)を買いました。
明日できればロウきゅーぶ!のレビューを書きたいです。

話は変わって。
どうやらあかべぇそふとつぅの新作は健速さんシナリオとのこと。
見た感じコメディっぽい感じなのかな?
六畳間の侵略者も面白いですし、コメディ路線にまったく不安はないんです。むしろ楽しみ。
原画はまぁ当然というか、有葉さん。無難ですね。

今度こそは発売日に問題のない製品を出してくれると信じていますw

ではでは~( ´Д`)ノ~
ども、ねこぼうです。
今日はいろんなところで話題になっている凌辱ゲーム規制の動きについてです。

結構長くなったので続きからで。
メール、コメントでの質問、反論にはできる限りお答えします~
[ソフ倫の凌辱ゲーム規制について]の続きを読む
DEVILS DEVEL CONCEPT 『コンチェルトノート』を応援しています!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。