『夜明け前より瑠璃色な-Moonlight Cradle-』は2009年2月27日に発売です。
FC2ブログ
アニメ、マンガ、ラノベなど趣味について吼えてみます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ども、ねこぼうです。

いつの間にやら9月……月日がたつのは早いですねぇ。
更新があいたのは「魔法科高校の劣等生」にハマってたからです。あっ、石投げないで……
WEB小説の商業化なんですが待ちきれなくてWEB版で続きを読んじゃいました。
いろいろと言いたいことはありますが妹スキーで主人公無双が大好きな厨二病な人は
とりあえず読んどけってレベル。ちなみに僕のストライクゾーンど真ん中でしたwww

またレビューでも書きたいなぁと思いつつ総括&目標とか書かないかんことは多いですね。
基本的にヲタブログですので受験一直線!っていうのもどうかなぁ?と思ってみたり。

あ、あと4日はこみトレ参加します。
雨がうっとうしいから梅田かどっかのネカフェで一夜を過ごそうか迷う……
全然準備してないや。とりあえずカロリーメイトとウィダー買っとかないと……

続きから東大OP感想です。
当日の流れを追ってみました。
予想外に長くなったので2分割に。
・1日目
ついにやってきた東大OP初日。初日は昼~夜の日程。ちなみに淀川花火と毎年被る。
電車の中で古典文法&単語を見ながら、周りを見るとどいつもこいつもOP受験者に見える。
去年の経験的に単に自習室に行く河合生も多いんだけど。

会場は河合塾大阪校S館。入室開始5分後ごろに入室。そこそこ集まってる。
こいつらほとんど年下なんだなぁと考えて少し鬱が入る。
友達と連絡をとると河合生は医進館でやるらしい。ぼっち確定www

受験届は早々に記入。まぁ夏だし……ってことで志望校は文Ⅰ。
この時点でまともな判定は終了のお知らせwww

少ししたら見知った顔を見つける。去年クラス一緒だった奴だ。
残念ながら一度もしゃべったことがない奴だったのでぼっちは相変わらず。

1日目は国語と数学。正直大崩れはしない教科。ここでどれだけ自信をつけられるか。

1教科目・国語
第2問古文→第3問漢文→第1問現代文→第4問現代文の順番で解いていく。
古文は小問(2)、傍線部アの解釈に苦しんだものの他はそこそこ。
完璧といえないのが僕の学力が足りてない証拠。でも去年で13点くらいきてたから
今年は15~20はくるんじゃないか、というのは僕の楽観的な予想。
漢文は漢詩が出てきて焦る。でもよくよく読んでみるとそこまで難しいことは書いてない。
正直90年代の東大過去問の漢詩のほうがよほど難しい。
ただ、やっぱり評論?系の漢文に比べて自信が持てるとは言えない。これも15点くらいか。
第1問。主題は死の根源的受動性がどーたら。
まず漢字。今回のOPは漢字から難しかった。コペルニクス的テンカイは書けなかった人が
多かったんじゃないだろうか。僕は「この問題Z会でやったところだ!」状態だったけどwww
他の記述問題も半端じゃなく難しく、120字要約はほぼでっち上げ状態。
現代文は得意教科です(キリッって言うのやめようと思ったのは僕だけじゃないはずだw
第4問。美術論じゃない!美術論が大の苦手の僕にとってはかなりの追い風。
ただ設問レベルは第1問ほどじゃないけど難しかった……
正直国語は60取れてたら御の字レベル。

2教科目・数学
とりあえず問題をパラっと見て方針を立てる。
第1問はとりあえず積分計算したら簡単そうだな……第2問は確率か。後回し。
第3問は軌跡の問題かぁ、PAQ90°ってことは垂直条件使えばなんとか。
図形が苦手な僕にも手が出そう。ここで60°とか出されたら終わってたwww
ということは第4問は整数か。こんなん最後や、最後。
第一問は積分計算して=kと置いて……完答。まぁ第一問は簡単だからなぁ。
次に第3問。……いけるいける。全部方程式と座標でいける。
なんとか最後まで軌跡を求める。途中で図形的考察求められなくて良かったwww
第2問は小問(1)は(流石に)出来たけど小問(2)はお手上げ。とっとと第4問に。
小問(1)(2)は出来たけどやっぱり最後が……しかし突如ひらめきが!
正直穴だらけの論理で間違ってる感MAXだけどこれにすがるしかない!w
ということで答案を最後まで書きあげる。
最後のあがきで第2問へ。試行を繰り返すうちに「これそのままnで表せばよくね?」
と思うものの時間切れでタイムアップ。3完1半!去年では考えられない成績に狂喜乱舞。

ただし次の日にやっぱり整数間違えてることが発覚するんですけどね。

帰りに友達と飯を食いに行く。次の日もあるのにガンガン酒を飲む友。
ちょっとは考えろよと思うとともに合法的に酒を飲める年齢だというのに
いまだに受験生をやってるという事実に軽く凹む。
そして帰りに花火帰りのリア充に囲まれてうんざりするとともに二重に凹む。

次のエントリへ続きます。
DEVILS DEVEL CONCEPT 『コンチェルトノート』を応援しています!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://animeshokyu.blog79.fc2.com/tb.php/349-b85640d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。